既卒フリーター就活のコツ

職歴なしの30歳が就職を成功させる3つのコツ【まずはここから始めよう】

職歴なしの30歳が就職を成功させる3つのコツ【まずはここから始めよう】

職歴なしの30歳だけど
就職できる?

もう30代になっちゃった
正社員は難しいかも。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

「就職したい」と思っても、30歳で職歴なしは不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも職歴なしのフリーターから就職した経験があるので、気持ちはよくわかります。

どうしたら就活がうまくいくんだろうと悩むはずです。

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとにして「職歴なしの30歳が就職を成功させるコツ」をまとめました。

  1. 諦めず早めに行動を起こす
  2. 職種や業界を絞る
  3. 弱みをしっかりカバーする

まずは難しいことを考える前に、以上の3つを取り組んでみてください。

ダイスケ

詳しくお話ししていくので参考にしてもらえると嬉しいです!

【早めの行動がチャンスを広げる】職歴なしの30歳は就職を諦めないことが大切

1つ目のコツは、早めの行動と諦めないことです。

職歴なしの30歳が就職する場合、大抵は「未経験者」として採用されますよね。

なんとなく感じている人も多いと思いますが、この「未経験」で就職できる仕事の数は、年齢を重ねるごとに減る傾向にあります。

どうして年齢が高くなると仕事が減るのかというと、企業は「未経験者」に対して

  • 将来性
  • やる気・熱意
  • 柔軟性

といった、若い人が有利になる資質を求めるケースが多いからです。

そのため、年齢が高くなるとなかなか仕事が見つからなくなってしまうわけです。

 

もしかすると、

  • 「なかなか一歩が踏み出せない」
  • 「腰が重い」
  • 「もう手遅れでは」

と悩む人もいるかもしれませんが、時間が経てば経つほど就職チャンスは減ってしまいます。

ぼくたちは過去に戻ることができないので、結局「今(今日)」が1番若いですよね。

なので、職歴なしの30歳が就職を目指す場合は、1日でも早い行動(就活)を起こしましょう。

ダイスケ

来週よりも今週、明日よりも「今日」就活に取り掛かるのが賢い選択です!

諦めずにトライし続ける人が最後に笑う

また、実は「就活を諦めないこと」も非常に大切です。

先ほどもお話ししたように、「未経験」で就職できる仕事の数は年齢を重ねるごとに減る傾向にあります。

そのため、職歴なしのまま30歳前後になってしまうと

もう就職は無理だ。。。
一生フリーターでいいや

このように就職を諦める人も多くなります。

30代以降は就職率が下がるのは、挫折する人が多いからと言えるかもしれません。

 

しかし逆に考えれば、

諦める人が多くなる=ライバルが減る

つまりチャンスが増える

こんなふうにも捉えられますよね。

 

これはぼくの経験則ですが、結局「職歴なしの就活(フリーターや既卒、ニートなど)」は、諦めずにトライし続けた人が最後に笑います。

たとえ職歴なしの30歳でも、諦めなければ就職チャンスは必ず巡ってきます。

なので、当たり前のことかもしれませんが、就活を前向きに考えて諦めずにトライしていきましょう。

ダイスケ

まずは「早めの行動」と「諦めないこと」が大切です!

職歴なしの30歳が就活を成功させるには【職種や業界を絞る】

2つ目のコツは、職種や業界を絞って就活を進めることです。

30歳で職歴がないと、やはり就職が厳しい仕事や業界が多くなってきます。

もちろん、どんな仕事も可能性がゼロということはないですし、どうしても働きたい会社やチャレンジしたい業界があるなら行動を起こすべきです。

しかし、何も考えずにあれこれ応募しても、なかなか内定をもらえず時間だけ過ぎてしまうかもしれません。

そうなると、年齢もまた高くなり、モチベーションも下がりますよね。

 

なので、職歴がない30歳が就活をする場合は、応募の無駄撃ちを避けることも大切になってきます。

そこでおすすめしたいのが、職種や業界を絞って就活を進めることなんです。

人手不足や未経験者歓迎に目を向ける

具体的には、職歴がない30歳が入社しやすい

  • 人手が足りない業界
  • 未経験者を歓迎する職種

に目を向けてみてください。

内定がほしいときこそ企業(求人を出している会社)の気持ちを考えることが大切

実はここ何年も業界によっては「人手不足」が問題になっています。

とくに中小企業の人手不足は深刻で、50%以上の企業は人手が足りないことがわかっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手が足りないということは、

  1. 求人が増える
  2. 採用の難易度が低くなる
  3. 未経験者でも採用されやすい

このような流れが生まれやすくなります。

つまり、人手が足りない業界に目を向ければ、職歴なしの30歳からでも就職のチャンスに恵まれやすいわけです。

日本商工会議所が発表しているデータによれば、とくに以下の業界は「人手不足の割合」が高いという結果になっています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運送、建築やサービス、IT情報系といった業界は、常に人が足りないと言われているので、それだけ就職しやすいわけです。

 

もしかすると、「介護職」「運送」といった業界はイメージが良くないかもしれませんが、きちんと職場を選べば良い条件で就職できるチャンスもあります。

また、

  • 介護業界
    ⇒介護職
  • 運送業界
    ⇒ドライバー

と考えがちですが、

  • 介護業界で
    事務職に就く
  • 運送業界で
    営業職に就く

このような選択肢もあるかもしれません。

人手不足の業界はチャンスがあるので、まずは先入観を持たずにいろいろな可能性を考えてみてください。

未経験者を歓迎する職種はメリットが多い

もうひとつは未経験者を歓迎する職種です。

以下は、転職サイトのマイナビが調査した「未経験者歓迎の割合が多い職種」のデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

このような職種は、「未経験でも採用されやすい」というメリットがあるだけでなく

  • 研修等が充実している
  • 未経験者が多く馴染みやすい
  • キャリアアップしやすい

といった傾向があるので、職歴なしの30歳でもチャレンジしやすいはずです。

せっかく就活をがんばっても、内定が全く出なければモチベーションは続きません。

なのでまずは、職種や業界を絞ることも大切。

ダイスケ

「職歴なしの30歳が就職しやすい仕事」にチャレンジするのもひとつの方法です!

【3ステップで解決】「職歴なし30歳」という弱みをしっかりカバーする

3つ目のコツは、弱みをしっかりカバーして就活に臨むことです。

きっと、あなたが就活を不安に感じる理由は、

  • 30歳で職歴がない
  • ずっと就職をしなかった
  • フリーター歴・ニート歴がある

このような「弱み」があるからですよね。

 

実際に企業の面接官や採用担当者は、その「弱み」の部分が気になります。

なぜなら、

面接官

どうして30歳まで
就職しなかったんだろう?
なにか理由があるのでは。。。

面接官

職歴がないってことは、
すぐに辞めそう。。。
フリーターに逆戻りしないかな

こんなふうに「採用することに不安を覚えるから」ですね。

 

なので、就活の成功率を上げるには、自分の弱みをしっかりカバーして採用担当者の不安を取り除く準備をしておくことが大切です。

弱みをカバーする3ステップ回答術

では、具体的にどのように自分の弱みをカバーすべきなのでしょうか。

「これが正解」という答えがあるわけではないですが、おすすめしたいのは以下の3ステップを意識した回答を準備しておくことです。

  1. 弱みを受け止める
  2. 得たことを伝える
  3. 今後の展望を語る

例えば面接で、

面接官

どうして30歳まで
正社員にならなかったのですか?

といった質問を受けたとします。

この場合は、

【弱みを受け止める】
なかなか進みたい道が見つからず、アルバイトを続けてしまった。
30歳で職歴がないことは反省している。

【得たことを伝える】
しかし、自分と向き合う時間のなかで
本当にがんばりたいと思える道が見つかった。

【今後の展望を語る】
就職が叶ったら、これまでの遅れを取り戻すためにがんばりたい。
一日でも早く会社に無くてはならない存在に成長したい。

このように3ステップで回答を準備しておきます。

質問に対する答えだけでなく、「得たこと」「今後の展望」を併せて答えることがポイントです。

すると、「弱み」を前向きな答えに変換できるようになります。

面接官や採用担当者がチェックする3つのポイント

基本的に面接官や採用担当者は、職歴がない30歳の人材を採用する場合、

  • 過去から学べる人か
  • 将来性はあるのか
  • 熱意や意欲はあるか

などをチェックします。

なぜなら、先ほどもお話したように採用に不安を感じるからですね。

なので、

  1. 弱みを受け止める
  2. 得たことを伝える
  3. 今後の展望を語る

この3ステップを意識することで、好印象につながりやすくなります。

 

就活に不安を感じるのは、職歴なしの30歳という弱みがあるからです。

ダイスケ

弱みをしっかりカバーできるように準備しておくと良いですよ!

【必ず知っておきたい】職歴なしの30歳が就活を成功させる注意点

さてここまで「職歴なしの30歳が就職を成功させるコツ」をお話ししました。

  1. 諦めず早めに行動を起こす
  2. 職種や業界を絞る
  3. 弱みをしっかりカバーする

最後にもうひとつだけ、就活の注意点をお伝えさせてください。

人材紹介会社のメリットを知れば既卒・フリーターからの就職活動は制すことができる!

それは、ひとりで悩まないことです。

 

きっと、30歳で就活をするとなると

  • どんな仕事が合っているかわからない
  • どのように企業とやり取りをすべきか
  • 面接や書類対策が不安

など、不安でいっぱいだと思います。

そもそも何から手を付けていいかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

ぼくもそうでしたが、就活をひとりで悩んでしまうと悪い方向にしか考えられません。

最悪、挫折してしまうかもしれません。

なので、就活をひとりで進めないことも成功のコツです。

 

幸い今は、職歴がない就活者を無料でサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料でキャリアアドバイザーやカウンセラーが就活の手助けをしてくれます。

もしかすると「他人にサポートしてもらうのはちょっと…」と思うかもしれませんが、やはり専門家の力を借りたほうが、仕事探しはグッと楽になります。

 

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

30歳で職歴はないけど
就職できそう…

と感じるはずです。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【済】【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、中退や無職から就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事