既卒フリーター就活のコツ

29歳のフリーターが就職のチャンスを掴むためにできること。

29歳、フリーター。就職のチャンスの掴み方
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

29歳でフリーターをしていると、就職できるか不安になりますよね。

この記事では、
29歳フリーターに試してほしい就職術
をお話ししますね。

29歳のフリーターは30歳になる前の今が就職を決めるチャンス

29歳の自分は、もうすぐ30歳…
フリーターのままじゃ、この先心配…

あなたもこんなふうに、「29歳のうちに正社員になりたい…」と思っていませんか?

節目の年が近づくと、年齢が気になりますよね。

 

就職に関して言えば、30歳という年齢は、いろいろな意味で大きな境目となります。

20代と30代では、会社が応募者に求めるポイントがかなり変わってくるんです。

 

ぼくが勤めた会社の採用活動を例にしても、20代は、「やる気や熱意、資格やスキルなどがあればOK」というのに対して、30代は、「マネジメント力や統率力を期待する」など、自らが中心になって仕事をする人を求めていました。

職種にもよりますが、人を使う能力や専門スキルを持っていないと、30代の採用は厳しいというのが実情です。

 

そんなこともあるので、もし「そろそろ就職したい!」と思っているなら、30歳になる前の29歳の今がチャンス。せっかくなら、このチャンスを掴みましょう。

 

ここからは、29歳の就職活動をどう成功に結びつけたらいいのか、をお話ししていきます。

知っておこう!29歳のフリーターが”今”就職活動するのがチャンスな理由

29歳のフリーターが 今就職活動をするのが チャンスな理由

実はぼく自身、25歳までフリーターをしていて、その後に就活を開始したという過去があります。

 

そんな就活をはじめた時期に、以下のようなデータを発見してかなり焦った覚えがあります。

これは、「年齢別の求人数の推移」に関するデータなんですが、、、

nenrei-pic

年齢別の求人数は、まずは25歳を境に減り、27歳でまた減り、30歳を超えると急激にガクッと減る、というデータです。

 

現在は、求人に年齢を制限することは禁止されていますが、企業側としては、「だいたい20代後半くらいまでの人」というように、ターゲットを絞っていることがほとんどです。

 

正社員未経験の場合は、どうしても若い人を採用したいのが企業の本音です。

先にお話ししたように、ぼくが働いていた会社が採用活動をするときも、20代と30代で採用基準を分けるようなことをしていました。

 

つまり、30歳を過ぎると求人数自体が減ってしまうので、いくら就職しよう!と思っても、なかなかチャンスに恵まれないわけです。

 

29歳と30歳だと、そんなに違わない気もしますよね、1歳だけですし。

しかし、このたった1年の差が思っている以上に大きいのです。

 

もちろん、30歳過ぎてから就職してる人もいるので、全く可能性がなくなるわけではありません。

ただ、29歳のうちに行動を起こすのと、30歳過ぎて行動を起こすのでは、良い求人に出会う可能性に差が出るかもしれないことだけは頭にいれておきましょう。

 

逆に考えれば、29歳のうちに行動を起こせば、30歳になってから行動を起こすよりも、就職できる可能性が高い、とも言えるわけです。

就職を目指す29歳のフリーターが気をつけたい2つのポイント

就職を目指す 29歳のフリーターが 気をつけたい2つのポイント

ということで、現在29歳でフリーターから正社員就職したい、と考えているなら、なるべく早く行動を起こすことをおすすめしたいです。

 

どんなポイントに気をつけて行動を起こせば良いかというと、

  • なるべく短期間で就職活動を成功させる
  • 就職に失敗しないように気をつける(ブラック企業に注意するなど)

この2つを重視していきましょう。

 

ぼくの経験上、就職活動はダラダラと長引かせると、そのうちやる気がなくなり、心も折れてしまいやすくなります。

なので、「短期間で就活を終わらせる」と決意することが大切です。

 

例えば、この1ヶ月間は就活のみに集中するとか、期間を自分で設定してしまったほうが、力を思う存分出し切れます。

まずは、「短期決戦で29歳の早い段階で就職しよう」と決めることが大切です。

 

もうひとつのポイントは、「なんでもいいから就職」という姿勢は、思わぬ危険があるということです。

例えば、「とにかくどんな企業でもいい」と、よく下調べせずに就職した先が、ブラック企業だったら大変です。

もし早期離職に繋がれば、次の就職先探しは、かなり困難になってしまいます。

 

スピード感を持ちながらも、しっかり企業研究をして、自分がある程度は納得いく形で就職することも大切になってきます。

就職活動をするなら絶対に活用したいサービスとは

就職活動をするなら 絶対に活用したいサービスとは

こういったポイントに注意して就職の成功を実現するには、就職支援サービスをフル活用していく必要があります。

 

就職支援サービスというのは、求人紹介をしてくれたり、応募企業の情報をおしえてくれたり、面接や応募書類の添削をしてくれるサービスを展開する会社のことです。

ぼくもフリーターから就職するときに活用しましたが、このサービスのおかげで就職活動を乗り切れたと思っています。

 

就職支援サービスに登録すれば、キャリアアドバイザーという担当者がサポート役になってくれるので、不安なことや気になることを相談できます。

また、担当者が実際に訪問した求人企業を紹介してくれるので、就職を急いでブラック企業に当たるリスクも減らせます。

安心して就職活動を進めることができるというわけです。

 

でも、そんなサービスに”29歳のフリーター”が登録して、ちゃんとサポートしてくれるの?

と思う人がいるかもしれませんが、そこは心配無用です。

フリーターや既卒専門の就職支援サービスに登録すればいいんです。

 

実際、ぼくが就職するときに活用したのは、どれも「既卒・フリーター歓迎」の就職支援サービスです。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事