既卒フリーター就活のコツ

27歳の職歴なしフリーターが就職するための思考法【受け身はNG】

27歳の職歴なしフリーターが就職するための思考法【受け身はNG】

27歳で職歴なし。。。
このままフリーター続けるしか無い?

就職したいけど職歴もスキルもない。。。
もうすぐ30代だし、どうしたらいいんだろう

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

ネットの掲示板には、

「未経験のまま25歳をすぎたら正社員就職は無理」

「20代後半で無職は人生終わり」

こんな書き込みもあるので不安になりますよね。

 

しかし、ぼくの経験から言って、職歴がないフリーターでも、27歳はまだまだ巻き返しが可能な年代です。

もちろん、新卒の就職に比べれば厳しくなりますが、

  1. 思考を変える
  2. 就活のコツを掴む
  3. 行動する

このステップを踏めば、27歳の職歴なしフリーターでも正社員になることはできます。

 

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線を元に「職歴なしから就職するための思考法」を5つお伝えします。

  1. 就職できないという思い込みは捨てる
  2. 30歳になる前に少しでも早く動き出す
  3. 企業のニーズを考える
  4. 「受け身⇒積極的」にチェンジする
  5. 就活はひとりでがんばるものという思い込みは捨てる
ダイスケ

27歳のフリーターにも就職チャンスはたくさんあります。まずは一歩踏み出しましょう。

『27歳の職歴なしフリーターは就職できない』という考えは捨てる

まず最初に、「職歴がない27歳のフリーターは就職できない」という考えはキッパリ捨てることが大切です。

『27歳の職歴なしフリーターは就職できない』という考えは捨てるイメージ画像

ぼくもフリーターのころは、

  • 「もう27歳だから職歴なしの就職は絶望的だ…」
  • 「フリーター歴が長いからブラックにしか雇ってもらえない」
  • 「絶対に落とされるにきまっている」

こんなふうに思っていました。

しかし、ネガティブな考えはネガティブな状況を引き寄せてしまいます。

「もう27歳だから」「職歴がないフリーターだから」と諦めてしまったら、先には進めません。

 

ですので、就活の良い面にフォーカスして「自分には就職チャンスがある」と前向きに考えることが大切です。

人手不足や採用傾向の変化で就職チャンスは拡大している

実際、現在は「少子高齢化」「働き方の変化」など様々な要因が絡んで、人手不足を抱える業界・企業が増えています。

とくに、中小企業の人手不足は深刻化していて、以下のデータを見てもわかるように実に約半数の企業が「人手不足」に頭を悩ませている状態です。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より 

人手不足は企業にとっては悩ましい問題ですが、職歴がないフリーターにとっては大きなプラスです。

なぜなら、採用ハードルが下がるので、就職がしやすくなるからです。

 

また、正社員就職は「大卒の新卒が圧倒的に有利」と考える方が多いと思いますが、実は近年、企業が求める人材像は大きく変化しています。

下記のデータを見てください。

求める人材について【複数回答】

  1. 即戦力となる中堅層、専門家 62.0%
  2. 一定の経験を有した若手社員(第二新卒等) 60.3%
  3. 新規学卒者(高卒) 40.3%
  4. 新規学卒者(大学卒、既卒) 37.9%
  5. 一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等) 37.1%
  6. 管理職経験者 15.3%
  7. その他 3.2%

引用元:日本商工会議所より 

日本商工会議所が調査した「企業が求める人材」のデータによれば、新規学卒者(大卒)と非専門的な人材(フリーターなどの未経験者)の割合は同等の数字になっています。

これは、「新卒一括採用にこだわらない企業が増えている証拠」でもあります。

 

もちろん、職歴がない27歳のフリーターが就職するのは簡単とは言えませんが、あなたを求めている企業は世の中にたくさんあるのは事実です。

ダイスケ

ぼくの経験から言って、まずは「就職を前向きに考えること」がフリーターの就活を成功させるコツです。

少しでも早く動き出す【27歳職歴なしでもチャンスはある】

次の思考法は、「30歳になる前に少しでも早く動き出す」ということです。

30前には絶対に動き出す! そうすれば27歳職歴なしでもチャンスはある!

なぜなら、30代になると就職のハードルが一気にハネ上がるからです。

 

求人を出している企業は、職歴がないフリーターを採用する場合、仕事を一から教えることになります。

すると、

  • 会社や仕事に順応してくれやすい
  • 将来性がある
  • 給料を安く押さえることができる

こうした傾向のある「なるべく若い人材」を採用しようとします。

つまり、年齢が上がるにつれて、未経験者の就職は難しくなる傾向があるわけです。

 

実際、未経験でも応募できる求人は、「25歳」「27歳」「30歳」を境にどんどん減っていくと言われています。

nenrei-pic

ですので、「27歳の今のうちに就活を終わらせること」が就職チャンスを逃さないコツです。

就活は「素早い行動ができる人材」が有利になる

また、就活は「素早い行動ができる人材」が有利になることも知っておいてください。

「素早い行動ができる人材」が有利になる

実は、職歴がない27歳のフリーターにも、就活で有利になるポイントがあります。

それは、

  • いつでも面接を受けられる
  • すぐに働ける
  • スケジュールを空けやすい

など、スピーディーに動けるということです。

例えば、正社員が転職活動をする場合、「面接時間が確保できない」「入社日が決まらない」などスケジュール調整に苦労するケースは非常に多いです。

しかし、フリーターはある程度自由がきくので柔軟に対応できますよね。

 

中途採用では、「はやく人材がほしい」「穴を埋めたい」と考えている企業は多いので、スピーディーに動ける(すぐに働ける)ということは「フリーターの強み」と言えるわけです。

ダイスケ

すべてにおいて「スピーディーな行動」を心がけることで、就職チャンスは広がりますよ。

職歴なしの27歳フリーターは「企業のニーズ」を意識する

続いての思考法は、企業のニーズを意識して就活をするということです。

27歳職歴なしで正社員を目指すなら やりたい仕事よりも企業が求める人材を目指す!

就職をするにあたっては、

  • 「こんな業界に就職したい」
  • 「やりがいのある仕事がしたい」
  • 「希望の仕事に就きたい」

など、様々な要望があると思いますが、職歴がない27歳のフリーターが意識すべきは、企業のニーズです。

 

なぜなら就活は、

  • 企業のニーズ(求める人材像・スキルなど)
  • あなたの自己PRや人物像

これらがうまく噛み合ったときに内定するからです。

もちろん、自分の希望をはっきりさせることは大切ですが、希望ばかり優先するとなかなか内定には結びつきません。

 

ですので、

  • 応募する企業はどんな人材を求めているのか
  • どうして採用活動をしているのか
  • どんなアピールが効果的か

必ずこれらを考えて就活を進めてください。

職歴がない27歳のフリーターは「正社員として経験を積むこと」が大切

また、職歴がない27歳のフリーターが「今」優先すべきは「正社員として経験を積むこと」です。

「やりたい仕事」「やりがいのある業界」を目指すことも大切ですが、たとえ希望どおりの就職が叶わなくても、就職後に経験を積んで、

「キャリアアップ」

「転職して希望を叶える」

このような道もあります。

キャリアアップや転職して希望を叶えるという道もあるイメージ画像

未経験者を採用する企業は、

  • チャレンジ精神がある人材
  • 将来性を期待できる人材
  • 物事をプラスに考えられる人材

を求めるので、企業のニーズを意識して就活を進めてみてください。

ダイスケ

自分の希望だけでなく、「企業は何を求めているのか」を考えることが就活成功の秘訣です。

職歴がない27歳のフリーターは「受け身はやめて積極的にチェンジ」

続いての思考法は、「受け身」はやめて「積極的な姿勢」を大切にするということです。

「受け身」はやめて「積極的に行動する」

職歴がない27歳のフリーターから就職する場合、

  • どんな会社でもいいからとりあえず就職したい
  • 運良くフリーターの自分を拾ってくれる会社はないかな
  • 自分にはスキルや経験がないからなんでもいい

このように就活に自信がもてず、消極的な方は多いはずです。

しかし、就活では、受け身な姿勢は大きなマイナスになってしまいます。

 

なぜなら、「どんな会社でもいい」「なんでもいい」「運良く」などの受け身な姿勢は、すぐ面接官や採用担当者に伝わりますし、就活に対して消極的だと思われてしまうからです。

 

実は、フリーターや既卒者などの職歴がない人材の評価は、正社員以上に難しいと言われています。

それは、正社員経験がある転職者の評価は、「前職の実績」「仕事内容」などから目処がつきますが、フリーターなど職歴がない応募者は、そもそもの評価基準(実績や経験)がないため評価しにくいからです。

そもそもの評価基準(実績や経験)がないため評価しにくい

そんなとき、面接官や採用担当者が重視するのは、

  • やる気や熱意
  • ポテンシャル(将来性)
  • 人間性

この3つです。

つまり、職歴がない27歳のフリーターは、積極的に「やる気・熱意」「ポテンシャル」などをアピールしなくてはいけないというわけです。

 

実際、人事担当者に聞いた「採用で重視するポイント」のデータを見ても、「やる気」「将来性」「バイタリティ」がトップ3を占めています。(経験の浅い第二新卒者の採用)

【人事が採用で重視するポイント】

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5
引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

 

ですので、「27歳で職歴がない…フリーターだし…」と消極的にならず、

  • 就職してこうしたい・ああしたい
  • 自分はこういう人間だ
  • 将来はこうなりたい・こんな活躍がしたい

このように、就職に懸ける気持ちを伝えることが大切です。

ダイスケ

面接官も人間です。真剣な気持ちが伝われば「がんばってくれそうだ」と思ってもらえますよ。

就活はひとりで頑張る必要なし【27歳職歴なしのハンデを克服】

最後の思考法は、「就活はひとりでがんばるもの」という思い込みは捨てるということです。

「就活はひとりでがんばるもの」という思い込みは捨てるイメージ画像

きっと、

  • 「就活はひとりでがんばらなくてはいけない」
  • 「就活は孤独な戦い」

このように考えている方は多いと思いますが、それは正しくありません。

 

先にお話ししたように、職歴がない27歳のフリーターが就職を成功させるのは簡単ではありませんし、求人の探し方から応募書類の書き方、面接のマナーなど、、、そもそも何から手を付けていいかわからない方もいるはずです。

 

ですので、ひとりで就活をがんばろうとせずに、就職サービスを活用して就活をサポートしてもらうことをおすすめします。

とくに「エージェント系のサービス」を活用すれば、

  • 希望に合う求人紹介
  • 詳細な情報収集
  • 応募書類や面接対策のアドバイス
  • 企業とのやりとり
  • 不安や悩み相談

などをキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者に無料でサポートしてもらうことができます。

とくに、「職歴がない」「27歳でフリーター」こうした不安を抱えている場合、就活に詳しいキャリアアドバイザーのアドバイスやサポートは大きな力になります。

キャリアアドバイザーと面談

ぼく自身、エージェントを活用したことで、

  • 書類落ちがグッと減った
  • 面接に自信がもてるようになった
  • 内定までモチベーションを保てた

など様々なプラスがありました。

ダイスケ

「なにから手をつけていいかわからない」という場合は、エージェント登録からはじめると良いですよ。

「職歴なし・フリーター専門のエージェント」を選ぶことが大切

ただし、エージェント選びにもコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。
フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。 フリーターや既卒でDODAのような転職エージェントは使えるの? こんなふうに、DODAのような転職エージェントを...

フリーターの就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」というフリーター専門のエージェントです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターでも就職しやすい求人をたくさん紹介してもらえますし、職種も、

  • エンジニア
  • 営業
  • 事務
  • サービス・販売など

幅広く対応してもらえます。

気さくで優しい担当者が多いので、就活の不安や悩みが相談しやすいのも大きな魅力です。

サポート対応エリアは、関東1都3県限定なので、東京・神奈川・千葉・埼玉で就職する場合は、ハタラクティブを活用しましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事