ニート就活のコツ

今はニート状態でも大丈夫!無職の24歳が就職するコツ。

今はニート状態でも大丈夫!無職の24歳が就職するコツ。
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「24歳で無職…就職したい…」
こう思っているなら、就職のコツを知って就活の一歩を踏み出しましょう。

今回は、
無職の24歳から就職するためのコツ
についてお話ししますね。

「24歳、無職でニート状態」でも就職のコツを知れば就職できる

無職でニート状態…

就職してこの状況を変えたい…

もう24歳だし、そろそろ20代も半ば。。。

そろそろ就職してちゃんとしたい…

こんなふうに思っていませんか?

就職したい気持ちはあっても、「24歳で無職、雇ってくれる会社なんてあるのかな…」と不安に思っている人は多いと思います。

ぼくもフリーター、ニート生活を経て就職しましたが、同じようにめちゃめちゃ不安でした。悩みが尽きなかったことを思い出します。

 

しかし、ぼくがそうだったように、きちんと就職のコツを知って動けば、24歳の無職でも就職することは可能なんです。

 

ただ、「就活のテクニックは?」「書類や面接の正しい対策ポイントは?」と難しいことばかり考えても、なかなか先に進めなかったりするので、この記事では「まずはこれだけ押さえておけば前に進める!」という3つのコツをお話しします。

 

無職で就職するときは、就活テクなどを考えても逆に動くのが億劫になってしまうと思います。

それよりは、最低限考えるべきことを考えたら、どんどん前に進んだほうが良いですよ。

「24歳の無職は就職が難しい…」という考え方をチェンジする

「24歳の無職は就職が難しい…」という考え方をチェンジする

1つ目のコツは、メンタル的なことです。

 

「24歳で無職、今はニート状態…」ここに気持ちを集中すると、

  • 就職するのはかなり難しいんじゃないか。。。
  • そもそも就職できるのか不安。。。

こう思ってしまいますよね。

就職したい気持ちがあっても、自信が沸かず一歩踏み出すのが億劫だと思います。

 

しかし、このマイナスの考え方を、少しでもいいので変えておくことがとても大切です。

 

というのは、言うまでもないですが、就職活動はトントン拍子にいくわけでもありません。

うまくいかないとき、

やっぱり、24歳で無職の人材なんて

どの企業もほしいわけないよね…

と、それが当然と思ってしまったら、やる気はなくなり挫折する確率が高くなります。

 

なので、「24歳の無職でも、就職できる」ということをきちんと心に留めておくことがまずは大切なんです。

下記は、「1年前に無業者(ニートや無職)だった人の現在の職業」を調べたデータですが、、、

大学卒者 男性

  • 正規の職員・従業員 30.4%
  • パート・アルバイト 12.0%
  • 派遣社員 2.4%
  • 契約社員などその他 5.8%
  • 自営業・自営手伝いなど 1.3%
  • 家事等 0.8%
  • 求職者 27.4%
  • 非求職無業者(ニート) 18.4%

 

大学卒者 女性

  • 正規の職員・従業員 29.4%
  • パート・アルバイト 13.1%
  • 派遣社員 7.2%
  • 契約社員などその他 12.5%
  • 自営業・自営手伝いなど 0.3%
  • 家事等 0.4%
  • 求職者 14.7%
  • 非求職無業者(ニート) 20.8%

引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(データの一部抜粋)

実に約3割の人は正社員として働いていることが分かっています。

今は無職でも、1年後には就職できる可能性が十分にあることを示すデータだと思いませんか?

 

また、24歳で無職、ニートと言っても、無職期間としてはそんなに長いわけではありません。

アルバイト経験が少しでもあるなら上手くアピールをしたり、資格の勉強をしていたなど、ある程度は自由に自己PRを広げることができます。

 

無職はすべてマイナスだと考えないで、「これから就職してがんばればいいんだ」と心に決めて就活したほうがいいですよ。

24歳、無職からの就職。最低限やっておきたいのは自己分析

24歳、無職からの就職。最低限やっておきたいのは自己分析

2つ目のコツは、自己分析は最低限やっておきたいということです。

「自分はどんな人間なのか?そしてなにがしたいのか?」を整理しておいたほうが良いですね。

 

どういうことかというと、たとえ24歳の無職だったとしても、

  • 私はこんなことが得意
  • 興味がある分野はこれ
  • こんなアルバイト経験がある
  • 将来はこうしていきたい

こんなふうに、きちんと自分アピールをすることが内定に繋がるからです。

 

ぼくの経験上、もっともよくないと感じるのは、

なんでもいいのでがんばります。仕事は問いません。

とにかく就職できればいいんです。がんばります。

という、「なんでもいい」という姿勢です。

 

一見「なんでもやってくれる便利な人材」と思ってもらえそうですが、企業は「自主性がない人」「熱意がない人」に興味を示しません。

なので、最低限「自分はこういう人間で、こんな理由があって御社に就職したいんです。」ということを伝える準備だけはしておいてください。

 

また、「なんでもいい」という姿勢で就活をすると、自分に合わない企業に就職してしまったり、ブラック企業に捕まってしまうこともあります。

その結果、早期離職をすることになったら就活の努力も水の泡です…

 

「自分はどんな人間でどうしたいのか?」よく考えておくと良いですよ。

24歳、無職から就職する不安、悩みは自分ひとりで抱え込まない

24歳、無職から就職する不安、悩みは自分ひとりで抱え込まない

最後3つ目のコツは、24歳の無職で就職する不安や悩み、つらさ、などはひとりで抱え込まないほうがいいということです。

 

基本的に就活は、ひとりでする孤独な作業。不安や悩みがあっても人に相談しにくいですよね。

 

ぼくも最初はひとりで就活をしていて、こころが折れそうになったことが何度もあります…

 

そんな経験から思うのは、就活をするときは不安や悩みをクリアにしてくれるサービスを頼ったほうが良いということです。

 

無職やフリーター、ニートの就活をバックアップしてくれる就職支援サービスもあるので、積極的に活用したほうが安心です。

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望に合う求人を探してくれる
  • 応募書類や面接のアドバイスをしてくれる
  • 不安や悩みを聞いて解決策を探してくれる
  • 応募企業の内部情報を教えてくれる

こんなサポートを、無料で行なってくれるサービスのことですね。

 

これを使うと、無職から就職するときの不安や悩みをクリアにできたり、「面接ではこんなふうにしたらいいですよ。」という具体的なアドバイスをもらうこともできます。

 

絶対に避けたいのは、ひとりで悩んで就活を挫折してしまうことです。

就職支援サービスをうまく活用して、就職活動のモチベーションを高めましょう。

24歳無職からの就職をサポートしてくれる就職支援サービスとは?

それでは最後に、ぼくも利用したおすすめできる就職支援サービスをお伝えしておきますね。

 

レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」はおすすめです。

無職者やニートの就職を専門的にサポートしてくれます。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

大手の総合転職系サービスは、無職者やフリーターには冷たいところもありますが、ハタラクティブは親切にサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーもフレンドリーで話しやすいので、不安や悩みを相談しやすいです。

ただし、サポートエリアは、関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定。関東の就職に強いので、対象なら活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする