既卒フリーター就活のコツ

もう迷わない。22歳、職歴なしフリーターのための就職術

もう迷わない。22歳、職歴なしフリーターのための就職術の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「職歴がない22歳のフリーターは就職はきびしい?」
そう思ってはいませんか?

今回は、
22歳のフリーターが就職するためのコツ
をお話しますね。

22歳で職歴なし、フリーターが就職するのは難しい!?

大学中退してフリーターをしてるけど、就職したい…

ずっと無職だけど、もう22だし就職したい…

高卒でブラブラしていたけど、正社員になりたい…

22歳で就職を考えても、こんなふうに学歴に不安があったり、就業経験がないからと、なかなか一歩踏み出せない人は多いかもしれません。

もしかしたら、資格取得を目指そうとか、もういちど学歴をつけようと考える人もいるかもしれませんね。

 

それもひとつの道ですが、実は22歳の若いうちだからこそ、就職できるチャンスが大きいとも言えるんです。

経験がなくても自分が興味のある業界に飛び込みやすいのは、「今」かもしれません。

 

結局社会にでると、「資格・学歴 < 職務経験」と周りは評価するので、若い内に就職して経験を積むことはとても大切。

しっかりコツを掴んで就職活動をすれば、22歳という若さを活かした就職は可能なので、ぜひトライしてみてください。

それでは、22歳で就職するためのコツをお話していきますね。

22歳の就職のために資格取得を目指すなら心に留めておきたいこと

22歳の就職のために資格取得を目指すなら心に留めておきたいこと

22歳の就職のコツをお話しする前に、

  • 「資格取得」
  • 「学校に入りなおす」
  • 「技術を身につける」

ことを考えている人にぜひ知っておいてほしいことをお伝えしておきます。

就職の考え方にも関連があるので、資格取得などを考えていない人も参考にしてくださいね。

 

それはなにかというと、

  • なんでもいいけど就職に役に立つ資格を取りたい…
  • とりあえず就職に役立つ学校に入ろう…

  • 資格取得を目指して勉強する
  • 勉強をはじめる

というのは要注意だということです。

 

資格取得や学校卒業をこれから目指すなら、

  • この資格は目指す職業に就くために必ず必要
  • この道で必ず一人前になりたい

  • 資格取得を目指して勉強する
  • 勉強をはじめる

という順序でないと、途中で挫折する可能性が高いですし、いざ資格が取れたところで、「自分は本当にこの仕事がやりたいんだっけ!?」と悩むことになりかねません。

 

とくに22歳は、年齢の若さで就職を優位に進められる時期。

この1年、2年をどう使うかが実はとても大切です。

 

ですから、

  • その資格や技術は本当に就職の大きな力になるか
  • 本当にその道でがんばっていきたいのか

を良く考えてみてください。

なんとなく資格や技術を取得しようと思っているのなら、就活をがんばったほうが後悔せずに済むかもしれません。

資格取得などに挑戦するかどうかは、慎重に決めましょうね。

経験や仕事ができるは関係なし!?22歳の就職に必要なこと

経験や仕事ができるは関係なし!?22歳の就職に必要なこと

先ほど、「22歳は若さを活かした就職が可能」だとお伝えしました。

「若さを活かすというのは、具体的にどういうことかというと、企業の採用担当者が20代前半の求職者に何をもとめているかを知れば答えが見えてきます。

1位 入社意欲の高さ 41.5%

2位 一緒に働ける人材か 36.5%

3位 社内と合いそうな人材か 33.7%

参照元:マイナビ転職 中途採用状況調査 

これは、第二新卒(新卒入社後3年以内に転職する人)の採用で、採用担当者が「重視している基準」のデータです。

 

社会人経験がある第二新卒者でさえ、経験やスキル、学歴ではなく

  • 意欲・熱意
  • 人間性の高さ

が重要視されることが分かっているんですね。

 

つまり、22歳で若いうちであれば、経験や特別なスキルがなくても、就職に対する意欲や人間性が高ければ多くの企業は採用を検討してくれるというわけです。

 

逆に、20代前半で「私は学歴があるので仕事ができます。」「経験を積んでいるので活躍できます。」とアピールしても、

採用担当者

これから経験を積ませたいのに、扱いにくい応募者だな。。。

と思われる恐れがあるので、謙虚に素直な姿勢で就職活動を進めたほうが好印象です。

 

経験や学歴を重視する企業は、そもそも新卒しか取らないか、応募しても書類で落とされる可能性が高いので、面接まで進んだときは、就職に対する熱意や自分らしさを出して前向きにアピールしていきましょう。

 

あとは、応募企業の社風や、採用担当者の考え方に合うかどうかで採否は変わってきます。

自分に合った企業に巡り合うまで諦めない気持ちも大切になりますね。

22歳の就職を成功させるコツはキャリアアドバイザーに聞こう

22歳の就職を成功させるコツはキャリアアドバイザーに聞こう

22歳の就職では経験や学歴よりも「熱意」「人間性」を伝えることが大切なのはお分かりいただけたと思いますが、、、それらをうまくまとめるのは意外と難しいんですよね。

 

また、いくら熱意や人間性が大事とは言え、

  • 職務経歴書はどう書けばいい?
  • 22歳のフリーターを受け入れてくれる求人はどう探す?
  • 大学中退をどうフォローしたらいい?

など、就職活動のノウハウがよくわからずに悩んでしまうかもしれません。

 

これを解決するには、就職支援サービスのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

就職支援サービスというのは、会員登録をすると、

  • 希望に合った求人の紹介
  • 自己分析などキャリアカウンセリング
  • 書類や面接のアドバイス
  • 応募企業の深い情報提供

などをキャリアアドバイザーという担当者にバックアップしてもらえるサービスです。

 

キャリアアドバイザーに就職相談をすれば、書類の書き方やマイナス面(大学中退歴がある、高卒でぶらぶらしていた…など)をどうフォローすればいいか、求人はどう探せばいいか、など具体的なアドバイスを受けられます。

 

とくに、職歴がないフリーターや既卒者を専門にサポートしている就職支援サービスだと、相談がしやすく求人もたくさん紹介してもらえるのでおすすめです。

 

ぼくもフリーターから就職したとき、書類落ちばかりで悩みましたが、キャリアアドバイザーにアドバイスをもらって求人紹介してもらい、2つの内定が出て無事就職できました。

ひとりで悩んでいても解決方法は分からないものなので、キャリアアドバイザーに相談するのはかなりプラスだと思います。

 

キャリアアドバイザーに就活のノウハウを教えてもらって、熱意や人間性を採用担当者にうまく伝えることができれば、22歳の就職はうまくいきますよ

22歳の就職におすすめの就職支援サービスは!?

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事