既卒フリーター就活のコツ

20代前半の就職方法。不安なときは企業の気持ちを知ろう!

20代前半の就職方法。不安なときは企業の気持ちを知ろう!の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「20代前半、学歴も経験も不安だけど就職できる!?」
いろいろ不安になりますよね。

今回は、
20代前半の就職を成功させる方法
をお話しますね。

20代前半で就職するにはどうしたらいい!?気をつけたい2つのこと

学校を卒業してぶらぶらしていたけど、
やっぱり就職したい…

高卒でフリーターを続けてきたけど、
そろそろしっかりした職につきたいな…

など、「就職のチャンスを逃してしまったけどもう一度就職にチャレンジしたい」という人は多いと思います。

 

しかしそんなときに不安なのは、

  • 学歴に自信がない
  • 就業経験がない

ということではないでしょうか。

20代前半で職歴もないのに、雇ってくれるまともな企業はあるのか?と考えるかもしれません。

 

たしかに、中途採用で学歴や就業経験が優遇されることもありますが、20代前半は年齢的な優位性がとにかく大きいです。

就職できる可能性がいくらでもあるので、悲観的になる必要は全くありません。

 

むしろ、「これ興味あるな…やってみようかな」と思った仕事にチャレンジがしやすいのが20代前半だと言えます。

私は25歳のときにフリーターから就職した過去があるんですが、30を過ぎた今「20代前半のうちにもっとチャレンジしとけばよかった…」とたまに後悔することがあります…

 

なので、必要以上に不安に思うよりも、どんなことに気をつけて就職活動を進めればいいかを考えていきましょう。

大切なのはこの2つです。

  • 20代前半の応募者に企業は何を期待するかを知る
  • ブラック企業には引っかからないように注意する

難しいことはないので、詳しくお話していきますね。

企業は20代前半の応募者に何を期待する?就職成功のカギ

企業は20代前半の応募者に何を期待する?就職成功のカギ

冒頭でもお話したように、20代前半で就職を考えている人は、学歴が気になったり、新卒で就職を逃したことを気にしている人が多いと思います。

どうフォローしたらいいんだろう…?と頭を悩ませると思うのですが、実はそこに力を注ぐ必要はあまり無いんです。

 

なぜかというと、新卒以外の20代前半の応募者を採用したいと考える企業は、そもそも学歴や就業経験を採用基準にしていない場合が多いからです。

つまり、学歴があることや経験やスキルなどを最初から期待していないんですね。

 

逆に考えると、20代前半で就職するには、学歴や就業経験を重要視する企業への就職を狙うのではなく、「若さ」「可能性」を買ってくれる企業の求人をたくさん集めて、その中で自分が働きたいと思う企業にアプローチする方法が賢いと言えます。

企業は20代前半の応募者の「意欲」「人間性」に注目している

企業は20代前半の応募者の「意欲」「人間性」に注目している

ところで、学歴や就業経験を重要視しない企業は、20代前半の応募者に何を求めているのでしょうか?

これを知ることが、就職活動をうまく進めるカギになると思います。

 

下記は、マイナビが求人企業に「第二新卒の採用で重視した基準」をアンケートをしたデータをまとめたものです。

1位 入社意欲の高さ       41.5%

2位 一緒に働ける人材かどうか  36.5%

3位 社内と合いそうな人柄か   33・7%

参照データ:マイナビ転職 中途採用状況調査より

ちなみに第二新卒というのは、「新卒で採用された後に3年以内で転職する人のこと」ですが、就業経験がある20代の若い人材に対しても、学歴や就業経験ではなく、

  • 意欲や熱意
  • 人間性の高さ

を重要視していることが、データとしてもハッキリ表れています。

 

ですから、下手に学歴をごまかしたり「私は仕事ができます」というアピールをするよりは、仕事に対する熱い想いや謙虚な姿勢を示したほうが好印象を与える可能性は高いです。

 

採用担当者に、

採用担当者

この応募者は素直そうだから、仕事を教えやすそうだな。
周りともうまくやっていけるかもな。

こんな感じに思ってもらうことが大事です。

 

あとは、どれだけ自分のフィーリングと合う職場、採用担当者と巡り会えるかで採否も大きく変わるので、諦めずにトライする気持ちが大切ですよ。

ブラック企業にだけは気をつけて20代前半の就職活動を進めよう!

ブラック企業にだけは気をつけて20代前半の就職活動を進めよう!

最後に、20代前半の就職でひとつだけ気をつけてほしいことが、ブラック企業にだけは当たらないように注意してほしいということです。

 

  • 新卒で就職できなかったので焦りを感じている
  • 20代前半のうちにフリーターから抜け出したい
  • はやくニートをやめて就職したい

こういう思いで就職活動をしている人は、どこか自分に引け目を感じていることが多いので、ブラック企業の良いターゲットになることも多いです。

 

「なんでもいいから就職さえできれば良い」と、下調べもせずに内定を出してくれたからと入社したら、実はブラックだった。。。ということも少なくありません。

ブラックに捕まって早期離職、メンタルをやられる、となれば本当に人生が狂ってしまいます。

応募する企業の下調べだけはしっかりしましょうね。

 

おすすめは、就職先を求人票だけで判断しないで、就職支援サービスを活用してキャリアアドバイザーに話を聞くことです。

就職支援サービスというのは、会員登録をすると、

  • 希望に沿った求人探し
  • 企業の内部情報の提供
  • 面接や書類のアドバイス
  • 企業への推薦や交渉

 

などをキャリアアドバイザーという担当者に無料でバックアップしてもらえるサービスのことです。

 

キャリアアドバイザーは、求人企業の採用担当者と繋がりをもっているので、

  • 細かい仕事内容
  • 残業の有無や休日数
  • 職場の雰囲気
  • 上司の人柄

など、ひとりで就活をしていたら知ることができない内部情報を教えてもらうことができます。

これがブラック企業を見極めるのはもちろん、自分が本当に働きたいと思える職場なのかどうかの判断材料にもなるので積極的に活用するといいですよ。

20代前半の就職におすすめの就職支援サービスは!?

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事